早期退職カモブログ

自由気ままに50歳から新しいことにチャレンジします!

【東京発】フェリーで行く北海道バイクツーリングは「日本海」それとも「太平洋」どっちにする?

こんにちは、ハルサンです。今日も自由気ままな記事をまとめました。

今年もライダー憧れの北海道ツーリングを計画しています。

果てしない大地と大自然の絶景、そしてあの豚丼と甘えび・うにの2色丼をもう一度、味わいたい!

新しい情報を求めて、つい買ってしまう「北海道ツーリングベストカイド」2022年度版。

このムック本のいいところはA4サイズフルカラーでとても見やすいこと。ハヅキルーペが欠かせない老眼に苦しむ私オジサンにはとってもやさしい本。

もちろん見どころ・グルメ・キャンプ情報も満載で、これを眺めているだけで妄想が膨らんでしまいます。

 

今回は北海道上陸に欠かせない東京から行くフェリー航路を検討してみました。

その結果、比較して分かったメリット・デメリットをご紹介します。

 

フェリー選択の条件

  • 北海道には午前中に到着(到着後に時間が有効に使える)
  • 東京からフェリー乗り場までは350キロ程度以内
  • フェリーの客室は「個室」
  • なるべく運賃は安く
  • 750CC以上のバイク
  • 7月上旬の出発

新潟発、小樽行き「新日本海フェリー」は午前4時30分到着、16時間

自宅(東京)~新日本海フェリー新潟ターミナル】

・357キロ、約5時間(休憩含まず)

【新日本海フェリーの航路】

・新潟発:午後0時

・小樽到着:午前4時30分

・16時間乗船

【フェリー客室】

ツーリストS

【運賃】

25,200円

【予約】

乗船日の3か月前から

仙台発、苫小牧行き「太平洋フェリー」は午前11時到着、約15時間20分

【自宅(東京)~太平洋フェリー仙台港】

・342キロ、約4時間30分(休憩含まず)

【新日本海フェリーの航路】

・仙台発:午後7時40分

・苫小牧到着:午前11時

・15時間20分乗船

【フェリー客室】

エコノミーシングル(船舶「きたかみ」のみ設定)

【運賃】

16,100円 ※「早割」料金を適用

【予約】

乗船日の2か月前から

「新日本海フェリー」と「太平洋フェリー」を比較すると

・東京からフェリー乗り場までの距離はほとんど同じ

・新日本海フェリーは小樽に午前4時30分到着のため、かなり時間が有効に使える

・乗船時間はほとんど同じ

・フェリー客室のクオリティーはほとんど同じ

・太平洋フェリーの「早割」運賃は9,100円も安い!

 

これらを考慮すると

 

当然、「太平洋フェリー」でしょ。

 

お得にフェリーを使って北海道へ上陸するためには?

①太平洋フェリーの「早割」を使えばかなりお得

「早割」

乗船日の28日前までの予約・購入で最大50%オフになる!

ただし、インターネット予約限定と適用期間が限られます。

早割|運賃・お得なプラン|太平洋フェリー

だだし、気を付けなければならない点として、

予約取消の場合の手数料が高いことですね。(取消料と払戻手数料の両方とも運賃30%が必要)

(例)運賃10,000円の場合

  取消料10,000円×30%=3,000円、払戻手数料10,000円×30%=3,000円

  計6,000円必要

②土日祝発ならば、フェリー乗り場までの高速道路は「ETC二輪定率割引」を使う!

2022年4月2日(土)~11月27日(日)までの土日祝ならば、バイクの通常高速料金の37.5%割引となります。

おおよそ新潟及び仙台までの高速料金は6,000円程度ですので、3,750円となります。

申請にはちょっと手間はかかりますが。

harusan4586.com

まとめ:「太平洋フェリー」の「早割」はかなり魅力的。ただし、予定変更の場合は手痛い出費を覚悟。無事行けることを祈るのみ!

太平洋フェリーの「早割」を使えば、運賃が最大50%とかなりお得になります。

でも、予定変更となった場合の出費はかなりの負担。

 

今回の予約では16,100円の料金に対し、60%の9,660円の手数料が必要

これは痛いですね。

無事、予約した日で北海道上陸が出来ることを祈るばかりです。

 

交通費について、太平洋フェリーの「早割」を使わなければ、新日本海フェリーと大差はありません。高速代を含め、ほぼ同じ条件となります。

一方、新日本海フェリーの小樽到着は午前4時30分と太平洋フェリーの午前11時到着と比べて、北海道初日をかなり有効に使えることはメリットです。

また、平日出発の場合は正午出発となる新潟発新日本海フェリーの方が午前4時までに通過すればETC深夜割30%が適用され、お得になります。

 

今回は「太平洋フェリー」を選択しますが、メリット・デメリットを考えて選ぶことが大切ですね。

おまけ①:全国のフェリー航路を比較するなら「日本長距離フェリー協会」のサイトが便利!

北海道から九州までは15航路で運航されています。なかなかその航路を把握することは困難。

でも、このサイトならわかりやすく航路が案内されています。

ぜひ、参考にしてみてください。

日本長距離フェリー協会/Japan Long Course Ferry Service Association

 

乗り換えたばかりのハーレーパンアメリカで行く北海道はとても楽しみです。

アドベンチャーバイクの利点を活かして、北海道の難関ルート「函岳」にも挑戦してみたい。

今回はキャンプ泊を主体に北海道ツーリングを計画しています。

前回、1日滞在ばかりの移動が多かった反省点を踏まえ、今回は2~3か所の滞在拠点を決めて、ゆっくりとキャンプを楽しみながら、観光めぐりも楽しむ計画を立てています。

harusan4586.com

北海道キャンプ場は意外と制限が多いこともあります。例えば、焚火禁止やゴミは持ち帰りなど。

そんなとき役立つのが「北海道キャンピングガイド」

この本はキャンプ場の詳細情報が満載。

私が重要視する「焚火」・「ゴミ処理」・「景色」・「近くの温泉」・「予約制の有無」・「バイクの乗りれ可否」は詳しすぎるほどによく分かります。

 

そして、きっと満載となるキャンプ道具。「がっちり固定」で安全運転を目指します。

harusan4586.com

おまけ②:バイクソロキャンプで快適に過ごすためのキャンプ道具「3選」

バイクではキャンプするためには積載量が限られてしまうため、道具は厳選する必要があります。

また、ロングツーリングとなると疲れもたまり、なるべく簡単にキャンプの設営も済ませたい。

そこで実際に使ってみて、簡単設営でコストパフォーマンスにすぐれたキャンプ道具「3選」をレビュー

今回はキャンプに欠かせない狭すぎない居住空間の「テント」快適な寝心地「マット」・「コット」です。

バイクソロキャンプテントでは絶大な人気を誇る「コールマンツーリングドームST」

・設営が簡単(ポール3本で組み立て可)

・値段の割には質感が高い

・ほどよい大きさの室内

・値段がお手頃(定価19,800円 ※オフシーズンならもっとに安い!)

ラクラク設営で軽量なコット「KingCamp コット」

・ツーリングドームSTに収まる絶妙な大きさ
※テント内に入れるときは、ポール組み立て前に先にコットを入れないと入りません。

・レバーを倒すだけの力のいらない簡単組み立て

・軽量サイズ(折りたたみサイズ:36×13×13 cm重量:2 kg)

・1万円程度と手ごろなお値段

極厚マットは朝までぐっすり眠れる「モザンビークキャンプ マット」

厚みがこんなにも寝心地を左右するものかと感心したマットです。

多少、通常のマットよりかは大きくなりますが、気になるほどでもありません。

今回、初導入したマットだったのですが、良い評判どおりでした。

結構寝心地が気になるほうで、これまで何度も寝返りを打ってキャンプではあまり眠れなかったのですが、これは快適そのもの。

もっと早くから使っていればと思う快適商品です。