早期退職カモブログ

自由気ままに50歳から新しいことにチャレンジします!

バイク乗りは海の見える「端」が好き!「にっぽん応援ツーリング」で16極拠点を巡る

こんにちは、ハルサンです。今日も自由気ままな記事をまとめました。

バイクは車と比べて細道もスイスイ行けてしまう乗り物。

そんな自由さが魅力だと思っています。(ハーレーウルトラには少々、手こずりましたが・・・)

愛読書ツーリングマップルを眺めていると、つい目指してしまうのが陸地の「先端」

そこにはどんな風景があるのだろうか?

ちょっとした冒険心が芽生え、なぜかバイクに乗っていると「端」を求めて走り出してしまう。

そんな「端」の病にかかってしまうバイク乗りのために、日本の「端」16極拠点を楽しむためのイベントをご紹介します。

日本16極拠点とは

「にっぽん応援ツーリング」というツーリングイベントに私は参加しています。

このイベントでは日本全国の中から16極拠点を定め、これら「端」を制覇することを目指すものとなっています。

16極点リスト | round4poles

  1. 北海道:宗谷岬(日本本土最北端)
  2. 北海道:納沙布岬(日本本土最東端)
  3. 北海道:尾花岬
  4. 北海道:白神岬
  5. 青森県:大間崎
  6. 岩手県:魹ヶ崎(とどがさき)
  7. 和歌山県:潮岬
  8. 山口県:毘沙ノ鼻(びしゃのはな)
  9. 香川県:竹居岬
  10. 徳島県:蒲生田岬(がもうだみさき)
  11. 愛媛県:佐田岬
  12. 高知県足摺岬
  13. 福岡県:和布刈神社(めかりじんじゃ)
  14. 大分県:鶴御崎
  15. 長崎県:神崎鼻(こうざきばな)(日本本土最西端)
  16. 鹿児島県:佐多岬(日本本土最南端)

「にっぽん応援ツーリング」とは

「SSTR」でおなじみの二輪冒険家の風間深志さんが、新しい形の社会貢献型ツーリングとして提唱するこのイベントが「にっぽん応援ツーリング」

ルールは簡単

①バイクの機動力を活かして、日本16極拠点を目指しながら、訪れる地域にて「観光」・「宿泊」・「食事」・「買い物」・「ボランティア」などで地域貢献

②訪れた地域には専用システムを使って登録し、ポイントを積み重ねる

そして、

・16極の踏破者には踏破証明証(ダウンロード版)がもらえる。

・ポイント数の獲得やボランティア活動等の内容により、優秀ライダーは全日本ライダー達と共に、式典で表彰をされるようです。

 

【イベントへの参加方法】

エントリについてはSSTRと同じ、専用システムの「スポーツエントリー」で申込

参加費用は、ソロクラス(23歳以上)4,900円 ※他の区分もあり

harusan4586.com

まとめ:この「にっぽん応援ツーリング」のいいところは「自由気ままに」参加できること。

このイベントでは2025年までの期限となっていますが、ある程度継続して挑戦できます。

バイク乗りの大好きな海の見える「端」を目指すには、どハマりなイベント。

今では些細ではありますが、自分にとってバイクでソロキャンプをしながら、このイベントの達成が目標であり生きがいとなっています。

ゼッケン番号は「76」

どこかで見かけたら、お声掛けいただければ幸いです。

おまけ:バイクソロキャンプのノウハウ記事です。

harusan4586.com

harusan4586.com

harusan4586.com